水素水の抗酸化効果に驚いてみませんか?

水素水は体に良い。と言うことは何となく知っている人は多いと思います。では実際に水素水は何故?どうして?どんな風に?体に良いのでしょう。

水素水の還元率について

水素水の効果について

まず、水素水の効果のに還元というものがあります。簡単に言うと、還元は酸化の反対です。

酸化は酸素と結び付くことで錆びる→老化=腐敗、朽ちていくのです。

そして還元は、水素と結び付くことで新鮮なまま保たれます。

なので、水素水を体に取り込むことで細胞の酸化が進まず若々しい体を維持できるということになります。

そして水素は宇宙一小さい元素です。だから体の中に入ると隅々まで行き渡って体に作用してくれるのです。

還元のポイント水素分子

水素分子は1つに体の錆である活性酸素の毒素を水に変えてくれる、抗酸化作用があります、なので活性酸素が原因で起こる体の様々な不調を改善していきます。

抗酸化作用と聞くとビタミンにも抗酸化作用がありますが、ビタミンは分子が大きいため全ての活性酸素を除去することはできないのです。

水素を体に取り込むことで、動脈硬化や心筋梗塞などその他にも様々な病気の改善、予防に役立ちますがそれだけではありません。

水素を取り込むことで腸内の悪玉菌が減り善玉菌が優勢になるために、抗酸化のおかげだけでなく腸内の毒素が減ることで、肌トラブルを改善し美肌になります。

体の毒素が減ると言うことは、疲れにくもなりますし、風邪などの不調を抑えて健康に美しく毎日を送ることができます。

水素の副作用は?

こんな風に色々な形で体によい作用をもたらしてくれるのですが、こんなに効くのに副作用はないのでしょうか?

水素は気体なので、体に取り込み活性酸素と結び付かなかった水素は呼吸として体外に排出されるので、薬と違い副作用はないのです。

気体である水素を混ぜた水素水から水素は無くならないかといえば、残念な事に、水に溶かした水素はその瞬間からどんどん抜けていくんです。

しかも分子の小さな水素なので、ペットボトルやガラス瓶などに入れていてもどんどんと出ていきます。

なので、水素水を選ぶときは「アルミパック」に入った水素水を選びましょう。

そしてもう一つ水素水を選ぶのに重要なのは、水素の量です。

水素量について

水素水と読ばれるものの基準は水の中に0.02ppm入っているだけで水素水と呼べるのです。販売されている水素水は多いもので2.8ppmも入っているので、購入する際はキチンと確認しなければなりませんね。

こちらのサイトでは、水素濃度の高い水素水や、水素水の選び方について詳しく紹介されているので参考にしてみてください。

参考サイト「水素水の効果ガイド|知っておきたい3つのポイント

私も水素水を飲んでいるのですが、のみ始めてから体が軽く、動かしやすくなってきました。そして気が付くと2週間で2キロも痩せていたので本当に驚きました。

後これも水素水の効果なのか呼吸を深く吸い込めているような気がします。これからも飲み続けて体の色々な変化に気付いていきたいと思います。